映画を見る際に、重要なのが環境。
騒音の中見る映画や、汚い部屋で見る映画は、
とても良い映画だとしても100%で楽しめるとは言えないと思うのです。
さらに何かの心配事を抱えて見る映画は、内容が頭に入ってこず、上の空。
見る前にそれが分かっていれば、見ないという決断が出来ますが、
見ている最中にそれが発生した場合はお手上げ。
先日、映画鑑賞中にトイレへ行ったらトイレが水漏れしており、
えー!ってなって、一気に冷めました。
まさかトイレからなんだもんな、見ていた映画よりショッキングでした。

組電池とは、同じ種類の単電池を複数個パックしたもので、
パック電池とも呼ばれニカド電池やニッケル水素電池などの二次電池が主に使用されてる。…そうです。
今日の試写会で久しぶりに会ったNさんに尋ねられたんですが、
とっさにipadで調べたけど、いまいち理解できなくて家に帰ってからも調べたんですよね。
世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあるなあと、
これからもいろんなことに好奇心を持って取り組みたいと思います。
知らないことは調べる!

以前から、ゲキシネに興味があり、何度か映画館に足を運んでいます。
10月は藤原竜也と永作博美の「シレンとラギ」でしたが、よかったですよ。
また、五右衛門ロックⅢが2014年春に公開されることも楽しみです。
さて、今日は話が少しそれますが、とある映画で香水が販売されたことがあるんですね。
香水は化粧品の部類ですが、今回少し関わりのある映画にちなんで、
医薬部外品の製造をすることになりそうです。
医薬部外品の製造許可を品川区で取得します。
情報解禁時にまた。

今回はタイプ視点です。タイプと言っても文字のタイプです。
20世紀初頭が背景だとタイプライターがよく出てきます。事務仕事=タイプ。
現代だとPCですが、描かれる姿勢が異なります。
映画のタイプライターは、華麗に立ち回りますが、PCは結構疲れている場面が多い気がしませんか?
何故か?私が思ったのは価値もあるでしょうが、タイプライターの直接プリントされるところだと思います。
PCでもプリンターやスピード印刷という早さがありますが、
ワンクッションがあり、尺の映画では不要な場面となるのだと思うんです。
どうでしょうか、この考察。微妙かな?

映画は一人で観る主義なのですが、試写会などでは知人に会うことも多いです。
なので映画⇒食事(飲み)コースは試写会後が多いですね。
今回は明治の思想家、岡倉天心の半生を描いた映画「天心」の完成披露試写会に行ってきました。
主演の竹中直人さんの挨拶などもありましたよ。
で、試写会を終えて、顔見知り3人が集まって飲みに行くことに。
一人が最近過払い金の返還請求を検討しているそうなんですが、
過払い金の引き直し計算ができないか?と…。
調べたら無料ソフトがありました。

映画評の仕事が来たのですが、親鸞会の関係のようです。
そういえば浄土真宗についてのアニメーションや映像作品はいくつかあったかな、と
浄土真宗の勉強のしないといけないので、慎重に内容を吟味しているところです。
そういえば、親鸞 白い道、という三國連太郎が原作・脚本を手掛け、自らメガホンをとった作品がありました。
構想から15年の年月がかかった1987年の作品だったかと思います。
渾身の一作といっても過言ではないですね。

会社で今日、水道の水漏れ騒ぎがあり、
社内で修理をしたら、さらに水が噴出してえらいことになってました。
最初に水栓を締めていなかったそうで…。給湯室が水浸しでした。
しかし、本日自分は映画の試写会に行かなければならなかったので、
水道の水漏れ騒ぎについてはお任せして出てきました。
ちょっと恨みごとを総務に言われましたけど、数だけいてもしょうがないし、
プロに任せた方がいいに決まってますよね。

今回は旅行中の映画を評論を。
自分チョイスでなく何かのバスツアーとか飛行機とかに乗った時に流れるあれです。
これは万人受けしつつもある程度の波が要求されます。
私はディズニーやジブリが流れた時は「禁じ手を…」、
初耳気味の映画で挑戦してくる時は「できる」と思ってしまいます。
私だったら山田洋次監督で手堅くですが子供受けは難しいかも。
そう考えると旅行中に流れる映画も選び手の好みや性格が分かり楽しくなります。
と「航空券 最安値 国内」で検索して安く飛行機に乗った時に考えてた私です。

さいたま市でインプラント治療を受けるという友人に誘われて、
治療のあとに映画を観ることにしたんですけど、
私が嫌いな歯医者で待ち合わせすることもないかと思うんですが…。
ここ10年は歯医者に行ってない私ですが、
最近の歯医者…厳密に言うとインプラント治療院ですが…は消毒液臭いこともなく、
綺麗で、音も静か…正直驚いて、メンテナンスの説明まで受けてしまいました。
ここなら歯医者嫌いが治りそうだと思い、予約してしまいました。
映画の話は次回にしましょう。

今公開中のクロユリ団地が、注目作品ランキングの2位だったので、
レビューを見ながら検討中です。
渋谷の接骨院に行ったときに「観ました?」ってスタッフの方に聞いてみたら、
先週観た人がいましたよ。「怖かった~」と言う感想で、前田敦子さんの演技については
違和感がなかったと言ってましたね。
ただ、レビューをみてみると、評価の高い低いのばらつきがすごいです(^^)
平均で2.5ということは5と1が多いんでしょうかね。

先日ちょっと変わった結婚式に参加してきました。
なんと、なんと映画館を借り切ってのお式です!
というのも新郎は映画監督で、結婚の前に奥さんになる女性を映像作品にして、
ウェディングドレスのレンタルをしたあと、映画館へ…映画をみんなで鑑賞した後、
誓いのことばをのべるという、それも映画なのか現実なのかという面白い演出ありで、なんというか映画婚?
いや~考えてるね、面白かったです。
パーティーは映画館の上のレストランを借り切って、美味しい料理を堪能できましたよ。

何の話かと言うと、美容クリームに使われている新成分らしい。
マイクロ…っていうところが最新製法っぽいよね。
アムニってなんだろうか、調べてみると羊水と同じ分子構造を持つ
人工浸透水のようですね。これはお肌に良さそうです。
私の妄想では、小さな「アムニ」っていう女の子が冒険するアニメ映画が
出来あがりましたよ(笑)。
あっ「チムニー」に似てるからか、男の子はチムニー、女の子はアムニ…いいね!
「マイクロアムニ」でアホみたいな話をしてしまいました・・・

とある映画を今週中に観ておきたくて、夕方映画館に行ったんですが、
なにやら嫌な臭いが館内に漂っています。
館内の職員がバタバタしていて、顔なじみにたずねてみると
どうやら洗面所の排水溝がつまって逆流しているらしい。
すぐに業者を呼んで、修理は終わったそうだが、掃除に手間取っており、
まだ臭いが消えることはなさそうだ…。
この調子だと視覚より嗅覚の方が印象に残りそうだと思って、再訪することに。
映画どころじゃないですよ。

知り合いが16ミリフィルムの映像作家なんですが、今はフィルムの上映場所が
なくなって寂しい思いをしています。
時期によっては、大学の講義に使われたり、
公民館で上映されたりと地方では取り上げられることがあるのですが、
なかなか遠くに行けないので、自分が関わることが少なくなってしまったと。
そこでふと考えたのが、何でも屋さんに上映会と講義を売り込んでもらえないかということ。
こんな内容だといくらで受けてくれるのかを早速相談に行こうと思う。

この前、映画好きの友人に会ったら個人事業を始めたらしい。
ネット通販みたいな仕事らしいが、まだ始めたばかりのようで、
成り上がりの映画のようにうまくはいかないと言っています。
なにより困っているのは、本業の仕事よりも会計がらみだそうだ。
個人事業は、決算の申告をしないといけないらしいのだが、
思いっきり文系で数字嫌いの友人には苦痛らしい。
まだ、事業も始めたばかりだから他のことでも忙しいようだ。
これからの彼の成り上がりストーリーを見届けるのが、楽しみになった。

友人に踊る大捜査線大好きッ子がいまして、
その子の好きっぷりといったら、半端ナイというのが、地元でも有名なくらいです。
先日、ついにシリーズファイナルということで「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」が
全国で放映を開始しましたが、その舞台挨拶に行くために
その友人は、都内のチケットが取れなかったため、札幌での舞台挨拶のチケットを手に入れたそうです。
少しでも旅費を安くするために格安航空券で札幌までの航空券を手に入れ行ったそうなのですが、
本当、その子の行動力には頭が上がりません。。。